Wikiプロフ

フォークダンスde成子坂の桶田敬太郎のWikiプロフィール!ボキャブラ

2020年2月27日にデイリースポーツで掲載された記事が話題になっています。

内容は、ボキャブラ天国などで活躍したお笑いコンビ・フォークダンスde成子坂の元メンバー桶田敬太郎さんが2019年11月23日に亡くなっていたこと。また、詳細な死因は公表していないとのこと。

ここで気になるのが,

48歳で亡くなった桶田敬太郎さんとはいったいどんな人物だったのか?

また、桶田敬太郎さんの死因はなんだったのか?

調べ見ました。

ボキャブラ天国で活躍した桶田敬太郎のwikiプロフィール

名前 桶田敬太郎(おけた けいたろう)
生年月日 1971年10月4にchい
出身地 三重県亀山市
身長 177cm
職業 芸能プロダクション取締役
身長 170センチ
血液型 A型

桶田敬太郎さんは元お笑い芸人です。

中学の時に、元相方の同級生・村田渚とコンビを組んで、ホリプロオーディションへ、本格的にお笑いの勉強をして高校卒業後に上京、芸人として本格的に活動する。

中学校は三重県亀山市にある関町立関中学校

高校は三重県の高田高等学校卒業。この高校は偏差値が50~64と高い高校です。三重県の私立では県内3位の偏差値。

フォークダンスde成子坂というコンビ名で、1990年7月から活動。

お笑い関係の賞レースで、多くのタイトルを獲得。

周りのお笑い芸人からフォークダンスde成子坂は2人とも天才と呼ばれ、あの爆笑問題の太田光さんからは『あいつは天才すぎて売れなかった』と言われたほど。

ボキャブラ天国で活躍されていたころのフォークダンスde成子坂の動画がこちらです↓↓

 

また、フォークダンスde成子坂のコントなどの動画もあります↓↓

 

1989年~1999年12月まではお笑い芸人として表舞台に立ちました。

その後は裏方へ回り、構成作家、イベントプロデューサー、プランナーなどの仕事で活動。

ちなみにボキャブラ天国では現在、大御所になっているお笑い芸人がゴロゴロいた伝説の番組になります。(司会はタモリさん)

ネプチューン
くりーむしちゅー(海砂利水魚)
爆笑問題
ココリコ
極楽とんぼ
ホンジャマカ
出川哲郎
山崎邦忠正
よいこ
ロンドンブーツ1号・2号

成子坂桶田敬太郎の死因は何?↓↓↓

>>>フォークダンスde成子坂の桶田敬太郎が死去した原因は(死因)?ボキャブラ

スポンサーリンク




 

フォークダンスde成子坂の桶田敬太郎の死去の原因は?(死因)

フォークダンスde成子坂の桶田敬太郎の死去の原因は?(死因)はデイリースポーツでは公表されていませんでした。

記事内容では48歳という若さで亡くなったとうこと・・・

もし、有名人の交通事故での死去であれば、事故があった当日からニュースになっているはずですが、今回は死去されて数カ月後にニュースになりました。

桶田敬太郎さんの死因は一般的に考えてなんらかの重い病気が死因なのではと推測されます。

ネット上の反応は?

「1995年のころ、下目黒のファミレスでバイトしてたころフォークダンスde成子坂がネタづくりしてた。アイスコーヒー飲みながらネタ帳とにらめっこしてたな。残念・・・」

「実力はすごかったのだが、実力だけでは芸能界では売れないということをフォークダンスde成子坂を見てたら分かった。」

「ボキャブラ好きだったな。今売れているお笑い芸人の大半はボキャブラでてたな。」

「このコンビかなり面白かったけど、なんでか売れなかったなー。」

「フォークダンスde成子坂か、懐かしい名前がでたと思ったら訃報か・・・悲しい。」

超有名私大のミスコン美女がセクシー女優デビュー↓↓

>>>結城るみなのWikiプロフィール!学習院大学のミスコングランプリ!

まとめ

今回は、フォークダンスde成子坂の桶田敬太郎さんのwikiプロフィールと死因について調べてみました。

爆笑問題の太田光さんから「天才すぎて売れなかった」といわれたコンビ。

死因については推測ですが重い病気かと思われます。

当時勢いがすごかったコンビだっただけに久しぶりに名前をきいたのが訃報・・・ご冥福をお祈りいたします。