野村克也監督の元参謀の松井優典って誰?ノムさんの信頼を得た右腕!

プロ野球界の大御所である野村克也さんの訃報が2020年2月11日未明に報じられました。

現役時代、監督時代と常に野球を真剣に向き合ってきたノムさんだけに日本中のプロ野球ファンが悲しんでいます。

今回は、野村克也さんが監督時代に参謀として絶対の信頼を寄せていた松井優典さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

野村克也の元参謀の松井優典のwiki風プロフィール

名前

松井優典(まついまさのり)

生年月日

1950年6月26日

身長

184cm

プロ入り

1968年ドラフト3位

現役プロ野球歴

南海ホークス  4年
ヤクルトスワローズ 5年

通算成績

試合数 140試合

安打  33安打

本塁打 0本

打点  11点

盗塁  3回

野村克也監督との接点歴

現役選手時代

松井優典さんは南海ホークス時代に野村克也選手兼任監督のもとで内野手としてプレー

引退後時代

1990年からヤクルト野村克也監督のもと

2軍監督

1軍総合チーフコーチ

1998年から阪神野村監督のもと

ヘッドコーチ

2005年から楽天野村監督のもと

2軍監督

野村克也と元参謀の松井優典の関係は?

野村克也監督時代にもっとも信頼された右腕として松井優典さんが挙げられます。

引退後に出会ったヤクルト時代は野村克也監督の車の運転手をしていたそうです。そして、野村ミーティングでは、ノムさんがホワイトボードに書き出していく言葉を消していく役目を担っていました。

そこから、さらに野村克也監督に認められ、ヤクルト時代、阪神時代、楽天時代と四六時中ノムさんの隣にいる参謀になったとのこと!

おそらく、野村克也監督の「考える野球」を理解してもらえる人材として松井優典さんが適していたので参謀に置いたのではと思います。

ノムさんの気になる記事↓↓↓

>>>野村克也の自宅の場所はどこ?住所は世田谷区田園調布の豪邸!

スポンサーリンク

 

野村克也のユニフォーム姿最後のバッタボックス動画!

ノムさんの最後のユニフォーム姿でバッターボックスに立った動画を紹介します。

 

身体はもうおじいちゃんでバットを構えるのもやっとだけど、打席に立ってバットを構えた瞬間にすさまじいオーラがでてるのを感じました!!あの、歴代ホームラン数第2位、そして歴代ヒット数第3位の面影は年齢を重ねても蘇りました!

これはすごい!!

野村克也の訃報についてネット上の反応は?

「考える野球を生み出したノムさんは後世までに語り継がれるでしょうね。弟子の古田や矢野とかが必ず広めてくれる。」

「野村監督は自分の考えを固く持っている反面、人の意見をちゃんと聞き入れる性格でもありました。まさに将たる器でしたね。」

「メジャーは徹底したデータ野球。以前イチローさんが考えない野球でつまらなくなったって言ってた。一方、野村野球の根幹はデータ野球だけど、その裏をつくのがID野球なんだよね。例えば、メジャーはこの打者は内角が弱いからってどんどん内角を投げる。一方、野村野球は打者が内角が弱いからと内角に山をはってる時に外角を突いて裏をかく。メジャーにはない野球がID野村野球なんだね!」

「ノムさんって歴代ホームラン数2位だけど、もともとは高卒のテスト生からという最底辺からのスタートだったんだね。人間がいかに考えながら生きていかないといけないってのが分かったよ。」

「プロ野球全体がノムさんのような考える野球をしていけばもっとレベルが上がるんじゃないかな。現に野村再生工場でみごと復活した選手は数えきれないからね。」

「ノムさんって当時先発完投型で先発投手が一番偉いという概念が普通だったときに、江夏さんをリリーフに回したりしてリリーフ投手の重要性と価値をあげた第一人者。やっぱり数々のプロ野球の歴史に貢献してるなーって、改めて感服!」

野村克也の気になる関連記事!

>>>野村克也が搬送された病院の場所はどこ?緊急搬送先は世田谷区内か?

>>>野村克也の教え子古田敦也との仲は?ノムさんとの対談動画は?

>>>野村克也と教え子の田中将大の仲は?孫のマー君との対談動画は?

>>>野村克也の教え子の新庄剛志との仲は?敬遠球サヨナラ打の動画は?

>>>野村克也の野村再生工場で復活した選手は誰?山崎や小早川他多数!

>>>野村克也の兄の野村嘉義がいなければ今のプロ野球人生はなかった理由!

まとめ

今回は、野村克也監督の元参謀の松井優典って誰?ノムさんの信頼を得た右腕!について調べ見ました。

ノムさんのご冥福をお祈りいたさいます。

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 薬物疑惑のドクロ画像
  2. 薬物疑惑のドクロ画像
PAGE TOP