薬〇疑惑

NHK紅白出場女性歌手イニシャルAって誰?ポストセブンが指摘!

薬物疑惑のドクロ画像

2020年2月28のNEWSポストセブンに掲載された記事が話題になっています。

内容は、薬〇疑惑の大物芸能人7人が浮上しているとのこと。その中には女子アナや人気芸人も入っているそう。

気になるのが、薬〇疑惑の大物芸能人7人が誰なのか?

この記事では、その週刊誌の記事内に書かれていた

NHK紅白歌合戦に出場経験のある女性歌手イニシャルAについて調べてみました。

NHK紅白歌合戦に出場経験のある女性歌手イニシャルAの特徴をまとめてみた。

まず、NEWSポストセブンの記事内に書かれていたNHK紅白歌合戦に出場経験のある女性歌手イニシャルAの特徴となるヒントを整理してみました。

 

①NHK紅白歌合戦に出場経験がある。

②過去に薬〇使用の噂がたったことがない。

③女性を中心に幅広しい支持を集める人気歌手。

④切々(思いや感情がこもっている)した歌い方で。

⑤ヒット曲が多い。

⑥代表曲はカラオケランキングで上位に入っている。

 

以上6点のヒントをまとめました。

この6点のヒントをもとにNHK紅白歌合戦に出場経験のある女性歌手イニシャルAが誰なのか?

個人的に思いついた女性歌手を挙げてみました。

NHK紅白歌合戦に出場経験のあるイニシャルAは誰?

薬〇疑惑のあるNHK紅白歌合戦に出場経験のあるイニシャルAが誰なのか?思いついた女性歌手は3人です。

※プライバシー上名前はイニシャル。(姓→名)の順番

①K・T

K・Tの年齢は現在40代中旬。

もともとは細々とグラビアアイドルをしていた。

1990年代後半に当時の超大物プロデューサーのプロデュースのもと大ヒット曲を連発した女性人気歌手。

ヒット曲連発と同時に話題になったのはその当時の超大物プロデューサーとの熱愛。ただ、彼との破局が原因で自〇未遂をして病院に搬送されるニュースもあった。

NHK紅白歌合戦の出場回数は5回。

女性を中心に幅広い層で人気があった。

アムラーに対して〇〇ラーと呼ばれるほどの歌姫。K・Tの別名は『平成のシンデレラ』と呼ばれていた。

一時期、精神安定剤の大量服用による急性薬〇中毒で入院したニュースが話題になった。また、薬〇依存で日常生活が困難になり閉鎖病棟へ入院していた過去もある。

現在は、結婚している。

②H・A

H・Aの年齢は現在40代前半。

もともとはVシネマ女優、グラビアアイドルとして活動。ただあまり売れていなかった。

1990年中旬に超有名レコード会社の社長と出会い本格的に歌手活動が始まる。

1990年後半から2000年後半にかけて大ヒット曲を連発。絶頂期だった時はテレビで顔を見ない日はないぐらいだった。

女性を中心に幅広層で人気があり彼女は一時期ファッションリーダーとして憧れの的だった。

NHK紅白歌合戦は過去10回以上出場した経験をもつ。

結婚・離婚を繰り返している。

また、最近は激太りで話題になった彼女である。

③N・M

N・Mの年齢は現在30代後半。

歌手がメインだが女優もやっている。

2000年代にヒット曲を連発しカラオケ曲ランキングも上位に入っている。

どちらかというとヒップホップ曲よりバラード曲が人気。

彼女の曲は日本だけでなく韓国で和流ブーム起こすほどの人気があった。

一時期病気が原因で歌手活動を無期限休止していた。その半年後に本格的に復帰。

NHK紅白歌合戦の出場回数は9回。

最近の彼女の話題でいえば、海外の舞台公演が中止になったこと。

以上3人が個人的に思いついた女性歌手です。週刊誌の記事に書いてあるヒントをもとに挙げてみました。

ただ、特徴だけで言えば、合うものや合わないものもあるのでこの中に週刊誌が指摘する薬〇疑惑の女性歌手がいるとは限りません。

スポンサーリンク




 

注目の関連記事一覧

薬〇疑惑大物芸能人関連記事

>>>大御所バラエティータレントのBって誰?ポストセブンが指摘!

まとめ

今回は、薬〇疑惑の大物芸能人7人のNHK紅白歌合戦に出場経験のあるイニシャルAが誰なのか?について調べてみました。

個人的に予想した女性歌手は

K・T

H・A

N・M

の3人の歌手となります。

ここで挙げた3人の女性歌手は特徴となるヒントをもとに個人的に思いついたものであり真相は明らかではありません。あくまで参考程度に。

では。