なぜ東京福祉大学の留学生が行方不明なの?考えられる理由とは?

東京福祉大学で1600人の外国人留学生が行方不明とニュースを聞いて

なぜ、こんなに多くの外国人留学生が行方不明になってる?

と気になったので失踪した理由を調べてみました。

なぜ東京福祉大学の留学生が行方不明になっている?

東京福祉大学の留学生が行方不明になっている考えられる理由を調べてみました。

失踪してる理由①経済的な事情

多くの留学生が失踪してる考えられる理由のひとつとしては、経済的な事情

莫大な借金をして日本へやってくる留学生。その費用は約150万円といわれています。

さらに、学費が年間約70万円。とうぜん生活費や交通費なども必要なのでアルバイトをしなければならない。

借金の返済や学費、生活費を稼ぐために学校が終わるとアルバイト。

留学生の中には睡眠時間を削りアルバイトを掛け持ちしたりして、結局は学校と仕事の両立ができなくなり学校に来れなくなる。

学校へ行かない、学費を払わない、となると最悪除籍になる。除籍になると本国へ帰らないといけない。。

帰国したら将来のための勉強も稼ぎもできなくなるので失踪した。

と考えられます。

失踪してる理由②そもそも就労目的だった

考えられるもうひとつの理由は、そもそも勉強するためでなく日本で稼ぐために留学生になった。

留学生になると週28時間までアルバイトすることができます。

しかし、稼ぎ目的で留学した外国人は掛け持ちして大幅に時間数を超えて働いている留学生もいるようです。

もちろん、そんな違法行為を続ければビザの取り消しになり本国へ帰らなければならなくなります。

なので、その留学生の一部は失踪して不法就労(就労が許可されない在留資格で働くこと)したほうが稼ぎになると思ったのかもしれません。

ネットの反応

最後に。

外国人留学生が行方不明になっている考えられる理由を調べてみました。

多くの留学生は日本で勉強し卒業後は日本や本国でよい仕事に就けることで、家族に恩返しするために留学してます。

しかし、一部の留学生は本国より遥かに高い日本の給与が貰えることで間違った方向へ行ってしまいます。

でも、それだけ日本は恵まれてるんですよね。そのことを改めて感じました。

では今回はこの辺で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 薬物疑惑のドクロ画像
  2. 薬物疑惑のドクロ画像
PAGE TOP