富士フイルムが削除した炎上動画は?【X100Vコンパクトカメラ】

富士フイルムが、先日発表したコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100V」の公式プロモーション動画が話題になってますね。

動画の内容は、各国の著名カメラマンが6名、自分の写真の撮り方についてテーマにしたもの。

日本からはストリートスナップで著名なカメラマン鈴木達朗さんが出演されてました。

しかし、その写真の撮り方が炎上してしましい、公式動画は削除となりました。

炎上した理由は、撮られた方々が相当に嫌そうな様子が顕著に表れてたからです。

気になったのは、その削除された動画がどんなものだったのか?

調べてみました。

スポンサーリンク

 

富士フイルムX100Vの削除された公式動画は?

富士フイルムの公式動画からは削除されてしまったものの、すでに世間に動画は拡散されてたようです。

削除された動画はこちらです。↓↓↓

公式から削除された動画

この削除された炎上動画についてネット上の反応は、

「この動画見てるとなんか写真を撮られてる人みんな嫌がってた。これはリアルに急に写真にとるの?」

「これが、本当なら盗撮行為ではないでしょうか?」

「本当に日常的にこういう感じで写真撮ってるの?普通、急に写真撮られたら怒ると思いますが・・・」

「これ、公式??」

「この動画って芝居じゃないの?途中、警察に職務質問されてるけど、マジだったの?」

「なぜ富士フイルムはこの人に依頼したのか?理由を知りたいよ!」

「富士フイルムのカメラはとても便利だけど、これみたら負のイメージになりかねないなー!なぜ、採用したんだ?」

「いきなり、写真撮られていい気分になる人は少ないと思います。」

「これも芸術世界のひとつなのかな。。俺は芸術ってもんが分からないので理解に苦しむが・・・でも、このカメラマンってすごい人なんだよね。」

「せめて、被写体に断りをいれて撮るべきだと思うが。映像を見るかぎりでは盗撮とおもわれても仕方がないと思う。」

「富士フイルムはなぜ炎上した瞬間に消すのか・・・結局、カメラマンが肩身を狭くしただけ。カメラマンも可哀そう。」

この動画だけを見ると、あまり良い気持ちのしない内容の動画でしたね。ただ、動画だけを見てると許可なしに被写体を撮ってるシーンが多かったけど、実際、被写体に焦点をあてる場合は断りを入れてるとおもいますよ。

こんな感じに↓↓↓

View this post on Instagram

Portrait @inomata.satoko

A post shared by Tatsuo Suzuki / 鈴木 達朗 (@tatsuo_suzuki_001) on

※鈴木達朗カメラマンのインスタより引用

スポンサーリンク

 

鈴木達朗カメラマンのwiki風プロフィール

鈴木達朗さんがどんなカメラマンなのか少し、wiki風にまとめてみました。

名前   鈴木達朗(すずきたつお)

生年月日 1965年

出身地  東京都

職業   カメラマン(写真家)

鈴木達朗さんはストリートスナップで有名で写真家です。

ストリートスナップとは、街でみかけるオシャレな人などを撮影したり、街の中の建物や風景などを撮影する。

例えばこんな感じ↓↓↓

鈴木達朗さんの写真は世界的にも評価高く、毎年開催される数百人規模の写真家が集まるストリートスナップの世界大会で審査委委員長を務められたこともあるそうです。

まとめ

今回は、削除された「FUJIFILM X100V」の公式プロモーション動画について調べてみました。

この動画を見る限りは、ストリートスナップで著名な鈴木達朗さんであっても、その世界を全く知らない一般の方々には受け入れがたい動画だったと思います。

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 薬物疑惑のドクロ画像
  2. 薬物疑惑のドクロ画像
PAGE TOP