社会

ロシアでプールにドライアイス投入した動画は?エカテリーナ・ディデンコ

2020年3月2日のAFPBBニュースに掲載された記事が話題になってます。

内容は、ロシアで有名インスタグラマー女性エカテリーナ・ディデンコさんの誕生日会でプールにドライアイス30キロを投入した事故。

この事故で2名の方がお亡くなりになったということ。

ここで気になるのが、プールにドライアイス30キロを投入した様子の動画。

すさまじいことになっていました・・・

ロシアでプールにドライアイス30キロを投入した様子の動画。

プールにドライアイス30キロを投入した様子の動画がこちら↓↓

プールにドライアイス30キロを投入した事故は現地のニュースメディアで報道されていました。

ニュースメディアの動画↓↓

 

この動画をみる限り、数名の男女がプールサイドにいて、男性のひとりがドライアイス30キロの入ったBOXから一気にプールへドライアイスを投入。

プールは瞬く間に白い煙に覆われてました。

ここで驚いたのが、仲間内の男性のひとりが白い煙がうずまくプールへ飛び込んだこと・・・。

動画ではプールへ飛び込んだ男性がはしゃいでいるシーンが見受けられました。

今回、亡くなったのはドライアイス投入後にプールへ飛び込んだ方。

エカテリーナ・ディデンコさん自身は助かりましたがプールに飛び込んだ彼女の旦那さんは帰らぬ人なりました・・・

言葉はわかりませんがインタビューを受けているカテリーナ・ディデンコさんの悲痛が伝わってきます・・・

なぜ、たいへん危険な行為に誰も反対することなく実行したのかは分かりませんがお祝いする誕生日会で最悪の悲劇となってしまったのは残念でなりません・・・

スポンサーリンク




 

ドライアイスの使用方法を取り間違えると危険。

専門サイトによるとドライアイスの使用方法を間違えると二酸化炭素中毒になるとのこと。

以下引用↓↓↓

二酸化炭素中毒はどんな病気?

二酸化炭素は、さまざまな用途に私たちの生活でも使用されています。特に多く使用されているのが冷却に使われるドライアイスです。しかしながらドライアイスも使用方法を取り間違えると、二酸化炭素中毒になる可能性があり大変危険なのです。二酸化炭素を大量に吸い込むことで、中枢神経が麻痺し、呼吸停止状態に陥り最終的には死に至るのです。

二酸化炭素中毒の原因

二酸化炭素中毒とは呼吸が困難になり、空気中の濃度が3~4%で頭痛・めまい・吐き気などが表れ、7%を越えると意識を失いその状態が続くと呼吸停止の状態になり、20%を超える状態だと数秒で死にいたってしまう中毒症状です。原因としては火事やドライアイス貯蔵庫などに長時間滞在していた等、空気中の二酸化炭素濃度が高くなることで起こります。

引用出典:HOSPITA.JP

 

ロシアの有名インスタグラマー女性エカテリーナ・ディデンコプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Я Катя, аптечный РЕВИЗОРРО(@didenko.katerina)がシェアした投稿

名前 エカテリーナ・ディデンコ
生年月日 1991年
資格 薬剤師

エカテリーナ・ディデンコさんはインスタを利用して家庭で使用する医薬品の安全な使い方をアドバイスしている女性。

フォロワーは100万人以上。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Я Катя, аптечный РЕВИЗОРРО(@didenko.katerina)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Я Катя, аптечный РЕВИЗОРРО(@didenko.katerina)がシェアした投稿

ネット上の反応は?

「こういうことはうちの息子にもよく教えておこうと思います。」

「ドライアイスを大量投下したプールに飛び込んではいけないと学んだ。」

「なぜ医薬品をアドバイスしている女性がいるのにこんなことになった?」

「ドライアイスって身近にあるので注意しなければならないな。特に子供にはよく教えておかないと・・・」

「小学校でドライアイスの危険性はならったけど忘れてた。でもこんな風に使うことはない。」

と、ドライアイスを取り扱い方を間違えるとたいへん危険だということを再認識された意見が大半でした。

まとめ

今回は、ロシアで有名インスタグラマー女性エカテリーナ・ディデンコさんの誕生日会でプールにドライアイス30キロを投入した事故の動画について書きました。

子供にはドライアイスは危険ということを教えておきたいですね。

では。